使用頻度を考える

電話

メリットを考える

最近は一人一台、もしくは二台というように携帯電話を持つ人が多くなっています。そのため、自宅に固定電話がないという家庭もあることでしょう。特に若くて一人暮らしという人は携帯電話だけで事が済みます。働いているのなら家に居る時間も少ないからです。これから一人暮らしを始める人は固定電話を導入するかどうか、そのメリットを考えてからにしましょう。また、使用頻度も考慮します。携帯電話は外に居る時しか使わないというのなら、自宅で仕事をする人にとっては固定電話の方が有効的です。それに、よく電話で話をする相手が固定電話の場合、携帯電話からの通話は費用がかかります。固定電話同士でおしゃべりした方が安くて便利です。このように、使用頻度やメリットから固定電話の導入を決断しましょう。ただし、場合によってはどうしても固定電話が必要になることもあります。例えば、何らかの契約をする時です。契約審査の調査で居住確認が行われることがあります。対象は携帯電話ではNGになることもあり、このような場合には固定電話ではないと審査が通りません。クレジットカードやローン契約など、様々な契約をする際、この点も確認しておきましょう。最近は固定電話のない人が増えてきていることもあり、携帯電話でも在籍確認ができるようになってきています。もしくは勤務先で在籍確認をすることもあります。しかし、勤務先に電話がかかってくるのは困るという人もいることでしょう。ある程度の年齢に達したら、一家に一台の固定電話があると安心です。